日経225の投資の対象

 

日経225では何に投資をするのでしょうか。株の場合の株の投資の対象は株の銘柄がありましたから、わかりやすかったですが、日経225の場合には投資の対象はどれでしょうか。日経225の場合には日経平均株価指数への投資ということになります。実際に取引をする場合には、日経22の採用銘柄を見て、それを実際に購入するという仕組みではなくて、買う権利、売る権利を売買するといった方がわかりやすいでしょう。そして反対売買で、差金決算をするという形です。ですから、日経225の場合には、先物売り建てから、売買をスタートできるので、相場が下がった場合でも利益が出せるというメリットがあります。普通の株取引の場合には1万円で株を購入して12000円で売却すれば、2000円利益が出ます。日経225の場合には、1万円で買い建てて、12000円で売り決済をして、2000円利益を出すということになる方法と、1万円で売り建てをして、そして8千円で買い戻し決済をして、2000円の利益を出すことができるのです。
このように株とは若干仕組みも取引も購入の際のポジションも違っているのですが、株取引をしながら、日経225を楽しんでいる人もいれば、日経225だけで投資をしている人などいて、今は投資のスタイルも色々です。
日経225の証拠金は、対象になる原資産のこれからの値段で、利益や損を決めますから、その損が出た場合でも、決算の履行を確保可能なので、証拠金を証券会社に預けないといけません。証拠金の最低預入価格は証券会社ごとに違います。

日経225のシステムとレード

 

日経225のシステムトレードというのは、自分の判断で裁量での取引をするのではなくて、最初に設定している基準で機械的に判断をして自動的に日系225の取引をするという投資のスタイルのことを日経225のシステムトレードと呼んでいます。投資家の感情などに左右されないで、テクニカル分析を基本として売買を行いますから、システムトレーターが優れている場合には、自分で何もしなくても、日経225で利益が増やせるという特徴があります。日経225の投資というのはほかの投資と比較するとテクニカル指標に忠実に動くという特徴がありますから、取り扱っている証券会社からもたくさんの、システムトレードの情報などが出回っていると思います。
日経225のシステムトレードの中には、取引そのものも自動売買が出来るというようなシステムがあるというものもありますから、これなら手軽に投資が出来るのではないでしょうか。日経225のシステムトレードは初心者でもできるのかと思っている人もいると思います。システムトレードを構築するにあたっては、テクニカル分析の知識などもある程度の必要になってきますし、プログラムをするという技術も必要です。ですから、初心者がいきなり日経225のシステムトレードをするというのは少し無理があると思います。

日経225とレバレッジ

 

レジバッジといえばFXの魅力の一つでもありますが、日経225でもレバレッジを効かせることは可能です。レバレッジをかけて、ハイリターンを望めるのですが、その反面で、かなりハイリスクも背負うことになりますから、その点は理解しておきましょう。資産を50万円持っていて、現物取引をする場合には、投資金額の50万円以上損が出ることはありませんね。そして株の信用取引の場合でも、委託保証金が決められていて、30%に決められていますから、50万円の担保で取引をしていて30%なら、166万円になり、これは単純に計算すれば、3倍レバレッジがきいている計算になりますね。50万円の投資で166万円の取引ができ、それで利益がかなり出ればいいのですが、逆に損をしてしまった場合には、50万円の元金で、166万円の損が出ることになるので注意しましょう。
日経225の取引は、証拠金を基にして、証券会社が、売買に必要な最低証拠金のラインを決めています。例えばその最低証拠金が30パーセンで、15パーセントの最低証拠金が必要であるというような決め方がされている場合には、45万円資金が必要であるということになります。
そして日経225の値段が13000円だった場合には、45万円で1300万円もの取引をしていますから、これを計算すると、29倍のレバレッジでの取引になります。
日経225ではたった10円値段が動いただけでも、1万円単位の利益か損失が出てしまいますから、結局は証拠金よりもハイリターン、ハイリスクがあるということを覚えておきましょう。